2006年1月28日 (土)

GarageBand3をいじってみました

iLife'06がわが家にやってきましたので、早速 GarageBand3をいじってみました。

GarageBand3の最も大きな変更点として Podcastへの対応が挙げられています。
いじってみた印象は、まさに Podcastのための進化という感じでした。


GB3-0
まず起動画面では「新規Podcastエピソード」と「新規ムービースコア」の選択が追加されています。それぞれ Podcastとムービーを作るためのテンプレートです。

GB3-1
「新規Podcastエピソード」を選ぶと、5つのトラックがデフォルトで設定されます。
上から順にアートワーク、男声録音トラック、女声録音トラック、ジングル、ラジオサンドと並んでます。

アートワークには画像やムービーをタイムラインに沿って並べる事が出来ます。
男声録音トラック、女声録音トラックにはそれぞれ声の収録に便利なエフェクターがプリセットされています。
ジングルというのはイントロやつなぎに使う数十秒単位の短い曲ファイルです。後述しますが、GarageBand3にはジングルのライブラリも豊富に追加されています。このトラック上にジングルをポンポンと並べていく訳です。
ラジオサウンドはソフト音源で、特定のジングルを鍵盤で再生できるようになっています。ウインドウメニューから「キーボード」を選び、表示された鍵盤をマウスでつついて音を出してみましょう。

「新規ムービースコア」は iMovieの動画に GarageBandで音楽をつけるためのテンプレートです。これを選ぶとムービートラックが設定されて、iMovieの動画をドラッグしながら音楽をつけていけます。


GB3-2
さて、ウインドウの右側にある「i」型のアイコンをクリックするとウインドウの右半分にトラック情報が表示されます。GarageBand2まではフローティングウインドウ内に情報が表示されていましたが、このように右半分に表示されるほうが見やすいですね。

GB3-3
そして「目玉マーク」のブラウザを表示して左下の Podcastマークをクリックすると、ジングル、スティンガー、サウンドエフェクトが表示されます。それぞれ約200種、約50種、約170種と豊富に揃っています。
ジングルは先ほども説明したように、数十秒単位の短い曲ファイルですね。
スティンガーとサウンドエフェクトはそれぞれ効果音です。
なおジングルは AppleLoopsではなく単なる音声ファイルとなっています。このため全体のテンポを変えても、それとは別の固定テンポになります。


GB3-4
さてさて、実際に Podcastを作成してみました。サンプルとして花の画像を適当に並べてみます。iPhoto内の画像をマウスドラッグで Podcastトラックに並べていきます。

GB3-5そして目玉マーク」のブラウザからジングルを選んで並べ、トラック音量の設定でつなぎ目を滑らかにするとできあがり。わずか数分で超手抜きPodcast:30秒が完成してしまいました。
※超手抜きなので内容は何もありません。
 うまく再生されないときは「リンク先のファイルをダウンロード」して、出来たファイルをダブルクリックしてください。

でき上がった Podcastは今までと同様に iTunesに書き出せます。このときアートワークも書き出され、iTunesの左下のエリアに表示できます。

GB3-6さらに「iWebに Podcastを送信」というメニューが加わっており、直接 iWebに対して書き出せるようになっています。環境設定の「書き出し」タブで、この書き出し先を iWebにするかディスクにするかを選択できますので、iWebがなくてもディスクに保存して別途 webに上げることができます。

またダッギングという機能も追加されています。これは Podcastで声が入っている部分の BGM音量を自動的に下げてくれる機能で、各トラックの右側にある上下三角ボタンでON/OFFを設定します。これを使うとこのように BGM音量が自動調整されるので便利です。


以上、駆け足の説明になりました。
音楽的な部分では追加機能は無いようです。エフェクトが増えたりしてるのかもしれませんが大きな変化は見当たりません。

一方で Podcastの作成という点ではいかにも Appleらしく、簡単で上品に作成が出来るように考えられています。Podcastを作成するには無くてはならないツールとなりそうです。

| | コメント (2)

2006年1月 5日 (木)

改めてネットラジオ

昨日書いた 有線放送もいいなぁ の続きとしてネットラジオをちょっと調べてみたら、Studio Ponytailさんの  iTunes でネットラジオを聴こう という記事を見つけました。

ネットラジオ局 live365.com のコンテンツを iTunesで聴くための方法が詳しく、そしてわかりやすく記載されています。
live365.comには億を越える放送局が登録されてるとのことです。これならば私が望むような選曲のものもきっと見つかるでしょう。これだけ登録されていると探すのが大変かも知れませんが、まあいろんな放送局をアレコレ試してみるのも面白そうです。

| | コメント (0)

2006年1月 4日 (水)

有線放送もいいなぁ

いろんなお店の中でよく有線放送が流れていますね。
近所の本屋でもジャズやボサノバ系のチャンネルが流れているんですが、選曲が非常に私好みなのです。

パソコンの iTunesなどでもいわゆるネットラジオが楽しめて、私も SmoothJazzなどをよく聴いていますが、海外の放送局なのでなんだか選曲がアチラ風なんですね。日本人好みでないと言いますか。

それに対し、近所の本屋の有線放送は日本の放送局ですから、日本人好みのジャズがバンバンとかかります。立ち読みしながら背筋にビビッと来るのですね。この曲が終わるまでもう1冊立ち読みしよう、と思ってしまったりします。

こうなると自宅にも有線放送を引きたくなるのですが、調べてみるとやはり色々と費用がかかるようです。
有線放送と同じような選曲のジャズ/ボサノバ系ネットラジオ局を、あちこち探しまわってみましょうかね〜。

| | コメント (0)

2005年10月 5日 (水)

M1ソフトシンセ

M1s
KORGから発売になった Legacy Collectin DIGITAL EDITIONを入手しました。

これはKORGが80年代に発売した M1, WAVESTATIONの2つのシンセをソフトで再現したもので、
簡単にいうとパソコンからシンセの音が出る訳です。このようなソフトをソフトシンセと呼びます。



M1h
M1は 1988年に発売されて 10万台以上のヒットを記録したシンセで、実は私も1台持ってます(ちょっと自慢)。
しかも音色を増やす KORG純正の改造手術を受け、"M1ex"となっています。

そんな私が今回 DIGITAL EDITIONを新たに買った理由は、

・さらに音色数が増えている
 M1には19種類のオプション音色カードがあったんですが、これが全部再現されています。
 "M1ex"では200音色程度だったんですが、一気に2700音色以上になっています。

・機能強化されている
 音色にクセをつける「レゾナンス」という機能が追加され、
 音に味付けをする内蔵エフェクトも2系統から18系統に増えました。
 音作りのバリエーションがさらに増えた訳です。

・パソコン内でシンセが動くと何かとやりやすい
 ソフトシンセだと曲データと同時に音色データも保存できたり、
 曲の中で音量や音色をグリグリいじるのがやりやすかったり、
 データをmp3に書き出すのが早かったりとかなり効率がよくなります。

と、こんな感じなんですが、最終的にはやっぱり「M1の音が好き」ってのが大きなポイントです。
オリジナルの発売から20年近く立つ訳ですが、今でもあちこちで現役で使われてるシンセであり、
M1でなければ出せない、味のある音色ってのがあるんですね。

ということで、サンプルの曲を作ってみました。M1だけを使っています。
曲データは SYU MUSIC本家のオリジナル曲のページの下の方にあります。
#本家のサーバはときどき調子が悪くなるみたいです。
 そんなときはこちらから M1_01.mp3
1分ちょっとのテキトーな曲ですが、80年代っぽい音にしてみました。特にドラム。
ピアノの音などに M1ならでは味が出てます。これが M1の魅力なんです。改めて惚れなおしました。

| | コメント (0)

2005年4月 5日 (火)

作曲ソフト2

Garegeband以外の作曲ソフトというのももちろんあります。

まずは Apple純正となったLogic、それにCubase、そしてDigital Performer
これらは Mac用の作曲ソフトの3強として、プロ&アマチュアの間で広く使われています。

この他にも色々なソフトがありますが、これらのソフトは総称して「DAWソフト」と呼ばれます。DAWとは「デジタル・オーディオ・ワークステーション」の略で、パソコン上で音を録音&編集して作曲していくソフトの事です。これは前回書いた2つ目の作曲方法ができるソフトということです。
実際の作曲においてはやはり MIDIを使った方法も必要でして、上記のソフトはいずれも MIDIも扱えるようになっています。

私は現在 Cubaseを使っています。以前は低価格板の Cubase SL 2というグレードだったのですが、CDの売上げ金を元に先日フンパツして SX 3というバージョンにグレードアップしました。
さあ、これで新しい曲作りもスイスイ?

| | コメント (0)

2005年3月29日 (火)

作曲ソフト

Macで作曲するには、大きく2つのスタイルがあります。

1つ目は Macに鍵盤とシンセサイザーをつないで、MIDIデータでシンセから音を出して、それをラジカセ等に録音する方法。
2つ目は Macをテープレコーダー代わりにして、楽器からの音を直接 Macに録音していく方法。

パソコンが非力だった昔は1つ目の方法が主流でしたが、現在は2つ目の方法が主流になっています。
この方法だと、例えばギターは弾けるけど鍵盤はちょっと、という人でもギターだけで曲を作っていけるのですね。

また1つ目の方法の発展形として、Macの中でシンセサイザー・ソフトを動かして、それを直接 Macの中で録音していくこともできるようになってきました。Macに鍵盤だけつなげば、それだけで作曲の環境がそろってしまうのですね。

Mac用の作曲ソフトにもいろいろとあるのですが、最も有名なのはやはりGaregebandでしょう。
このソフト1本あれば、1つ目の方法の発展系、2つ目の方法、どちらでも作曲ができます。操作も非常に簡単。そしてそのクオリティは他の高価な作曲専用ソフトを使った場合に勝るとも劣らないものになります。

Macを買うとはじめから付いている(単体で買っても8千円ちょっと)のでオマケ感覚が大きい Garagebandですが、その実力は決してあなどれません。
実は SYUがMUSIGページの中でご紹介しているオリジナル曲の半分は、この Garagebandだけで作っているのです。オリジナル曲のサンプルで Garagebandの実力を実感して頂けると思います。

| | コメント (0)

2005年2月21日 (月)

CMにも採用!

ヒーリングミュージックのオリジナルアルバム第2弾を2/18に発表しましたが、共作したヒーリング・サロンのテレビCMの中でもこのアルバムの曲が使われています。

自分が作った曲がテレビから流れるというのは何だか不思議な気持ちです。
たまに、ちょっとマイナーだけど自分では好きっていうアーティストの曲がテレビから流れるってことがありますよね。音楽番組ではなく、スポーツニュースや普通の番組の BGMとして。その時の感覚にちょっと似た気持ちかも知れません。
一瞬「おっ」と思って「いい曲かけるぢゃん。このアーティストのことなら実はかなり詳しいんだよん、ふっふっふ」と笑いが出ちゃったりします。なんだか自分だけが知ってる秘密に注目が集まってるって感じがして。
今回は自分の曲ですから、誰よりも詳しい訳です(笑)。ですから、「ふっふっふ」もいつもよりちょっと長くなったりします。う〜ん、なんだかナルシスト。

CMは鹿児島MBCテレビで放送されています。午後10時前と11時前が狙い目ですぞ。ヒーリング・サロンの名前はアルバムタイトルと同じく「シャプラ」と言います。
鹿児島ローカルな話題ではありますが、チェックしてみてくださいませ。

| | コメント (0)

2005年2月18日 (金)

アルバム発表!

オリジナルアルバム「シャプラ 〜その夢は永遠に〜」を本日発表しました。SYUの第2弾アルバムになります。

shpl1701_webジャケットはこんな感じ。シャプラというのは「蓮の花」という意味です。
ジャンルはヒーリングミュージック。10曲入りです。

今回のアルバムは鹿児島市にあるヒーリング・サロンとの共作です。サロン側のリクエストによって作曲とアレンジをほどこしてあります。

曲のサンプルはこちらで聴く事ができます。
http://homepage.mac.com/syu_music/music/mysong/index.html

サロンの店頭のほかにも、鹿児島市のCDショップや雑貨屋でも販売します。見かけた方はぜひどうぞ。

| | コメント (0)

2005年2月13日 (日)

音楽サイトオープン

音楽と Macの話題を扱うサイト、SYU MUSICをオープンしました。
音楽と Macというだけでは幅が広すぎますので、作曲や楽器、音楽ソフト、自作ソフトなどに焦点を絞ってやっていきたいと思っています。よろしくお願いします。
今のところ、見どころはエフェクター原理講座です。色々なエフェクターの原理について解説しています。今後も随時内容を追加していきますので、ご興味のある方はぜひどうぞ。

| | コメント (0)